里親募集!!

さよーなアルバム

  • 春の散歩道
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 一年の計は女旅にあり(後篇その1) | トップページ | 2015年 桜旅 »

2015年3月30日 (月)

一年の計は女旅にあり(後篇その2)

続きです。一気にいきます

母ちゃん号で到着したこの日最初の目的地は“掛川花鳥園”

雨女が本領発揮することを想定して、インドアメニューをご用意していただきましたのよ

入り口のすぐそばには早速ふくろう達がお出迎え・・・
と、言いたいのですが“夜行性”のためノリがイマイチのご様子
1




園内の温室は季節をつかの間忘れさせてくれるほど様々な花が咲いていました。

21



4



どれも色鮮やか~

28



(photo by:すもも母ちゃん・chobiponしゃん)

そしてそして名前どおり鳥たちもた~くさん

子供のころ犬猫不可の社宅住まい&転勤族だったため飼うペットは必然的に小鳥でした。
今でも鳥は好きでペットショップなどでインコの雛を見るとニマニマしながら指を出してかじられ、さらにニヤニヤして怪しさ全開させてます

花のエリアを過ぎるといよいよ鳥エリアになります。

けたたましい声がギャースギャース聞こえテンション上がる上がる
何種類いるか忘れたけどとにかくたくさんいたのは間違いない。(←記憶怪しい)

これだけいて、よくケンカしないもんだと思うのは柴飼いの性・・・デスカ?
2



3



5




6




7




8



花にも劣らぬくらい鳥達もカラフル

温室を渡り歩き、ほぼドン突きの温室へ入りました。

入ると早速・・・クロツラヘラサギがご挨拶・・・・ではなくて
9



エサを買って、小鳥達と馴染むこともできます。(・・・買わなかったけどね・・・)
ワタシがエサ持ちでないとわかるとどこかへ行ってしまいました。。。柴かよ・・・

このエリアには新人インコがいるそうで
10
ツキノワテリムクが一緒に絡むこともなく静かに様子を見守っておりました

ん!いたいた~~ビタミンカラーで、かわいいッ

11



はいは~いあ~そび~ましょ~~

て思ったけど・・・遊び方パないの・・・
12



静かに何かを見つめてると思ってたら

13



ん?ワタシ?それとももう一人の・・・・・・アーーーーーッ

14



インコがすもも母ちゃんのピアスを齧りだした

16



・・・ほんとだねぇ・・・おばちゃんら侮ってたわ
161
温室の入り口前にデカデカと手配書のように注意書きがありました

カメラだろうがアクセサリーだろうが、この子達には単にオモチャのようです
17
15



インコまみれの母ちゃん、痛い痛いと言いながらも案外余裕?

なんて散々、母ちゃんのことを笑っていた数分後・・・(画像提供:母ちゃん&chobiponしゃん)

「鳥と自撮り~~」等と試みていたのですが・・・
20




18
今度はワタシがインコまみれ

あのねぇ・・・こんだけインコ乗るとな・・・
21_2



・・・結構重いねんて

この子らはもちろんジッとなんかせずモソモソ動きっぱなしだから写真はブレまくり
19
改めてこう見ると、カメラ見てるんだかインコ尻見てたのやら

この子ら“ヒカリもの”が本当に大好き
ストラップの金具やリングよりダイヤを執拗に突っつきまわしてたもん
このダイヤ取られたら、我が家は質入れするものがなくなってまうんでね・・・

もはや“インコ玉”と化したワタシ、ヨロヨロと飼育員さんとこへ行きインコ達を下ろしてもらいました。
飼育員さんが言うには好奇心旺盛すぎて引き離そうとすると「邪魔しないでっっ!!」と怒りだす子もいるんだそうです。
インコと侮るなかれ、癒されたわ~~・・・てかハマりそう

インコゾーン(正しくは違う名称と思われ)を後にして、次に向かった温室は
24
猛禽類ゾーン。取材拒否るのもいるようですが・・・
ハリスホーク(右上)やサシバ(右下)を腕に載せて写真撮ることもできるそうです(有料)
マジマジと見るとやっぱり猛禽類はカッコいいねぇ

いやぁ~~~花鳥園てばスッゴク楽しかった
温泉旅、今後は動物と触れ合うていうオプションもアリかと
花鳥園を後にして母ちゃん号は高速をさらに西へ向かい・・・ちょっと小腹がすいたのでSAで軽くパンなど買って食べ、引き続き西へ向かいます。

次もやっぱりインドアですよそれも“工場見学”。
工場見学て、小学生の時以来です。

子供の頃、お菓子工場の見学に行った他校の友人は、お土産にお菓子をもらったと聞いてたけど・・・ワタシが訪れた社会科見学は
“ゴミ焼却場”“下水処理場”(←名古屋の時)
“ダイ○ツの生産ライン”“関西電力火力発電所”(←西宮の時)
・・・どう考えてもお土産くれそうにないとこばっか。。。
仮にお土産「あげる」と言われても「ゼッタイいらない」とか持ち帰りに難儀しそうなトコばっかだったもんなぁ(今と違いボールペンとかも高かった時代だったもん

等と思い返しながら小一時間ほどで到着したのはコチラ
25


甘い匂いが漂うきれいな工場内で文字通り“高みの見物”です。
何気に食べてる“うなぎパイ”も生産工程を見ると一味違ったりして?(笑)
「あれ、フツーのやね」
「あれは包みが違うから高いほうだ!!」
などと言いながらラインを見学します。

順路に従っていくと、“うなぎパイ”Q&Aコーナーというものがあり。
27
・・・色々努力されてたようでございます・・・こーゆー発想ワタシ好きだぁ

そうそう、ここで押さえておきたいポイントが。
26



階段の手すりの支柱が“うなぎ”のオブジェという凝りよう。あえて目をつけないとこがいいねぇ

ん?ここは?“記念撮影”ブースですかい?カメラ置く台もあるよってんで、
29_2


セルフタイマーでブイッ

お昼は超軽めだったので、ここでお茶のお時間です
30


ん・・・とchobiponしゃんがうなぎパイのVSOPを使った方で母ちゃんとワタシがフツーのだったかと
うなぎパイもパティシエの手にかかるとこんなにオシャレなスイーツに変身することにオドロキ

ま~ったりお茶をして、階下へ降り工場を後にしようとすると母ちゃんが
「関所を通らにゃ帰れんだよ
と一言。
関所とは・・・・お土産直売所のことでしたなかなか、ヌカリはないようです(笑)
試食しながら小さめのを選び

31
“夜のお菓子 うなぎパイ”と“真夜中のお菓子 うなぎパイVSOP入り”
そして、今回お初にお目にかかる“昼のお菓子 しらすパイ”
しらすパイはちょっとわさびがきいてて、ただ今異様にわさび好きのワタシにはツボでした
ちなみに右端はホテルで買った自分ち用のお土産です。

さて・・・母ちゃんに浜松まで送ってもらうことになったものの、まったりしすぎた為新幹線の発車時間ギリギリとなり、ロクに挨拶もせず車から転げ出るようにして散り散りに別れた3人でありました

すもも母ちゃん、今回は送り迎えからず~っと運転してくれてほんっとにありがとう
お陰さまで、すももちゃんにまで会うこともできていつも以上に楽しかったよ~~
chobiponしゃん、遠くからお疲れ様どした~~。お互い相変わらずコシに爆弾を背負ってるけど、労わりながらやってこうねぇ

でもってお姉さま方、これからもずっと仲良くしてね
そしてまたどこかへ気まま旅しようね

長々読んで下さった方、お疲れ様どした。。。

« 一年の計は女旅にあり(後篇その1) | トップページ | 2015年 桜旅 »

さよ日記」カテゴリの記事

コメント

あれからもう2か月・・・
あたしゃ珍しくもない地元だし~なんて思ってたけど、
意外や意外! 楽しかったわぁ
花鳥園って初めて行ったけどインコさん達可愛くて、想像以上に楽しんじゃったよ。
うなぎパイファクトリーもそこそこ楽しんでいただけたかしら?
いいかげんな計画だけで始まった旅だけど、今回もそれなりに充実してたね
さてお次はどこへ行く~
このメンバーでのこういう旅は心と身体の洗濯が出来て、本当に楽しみだわ~
次回もよろしくね~~

◎◎すもも母ちゃんへ◎◎
いやぁ光陰矢の如しあっという間にトシ明けるから

ワタシが鎌倉・横浜の観光に行かないのんと同じように地元民は行かないよね。
ほんっっっとうに楽しかったわ~~
花鳥園はインコサマサマやねぇ。あのインコ達可愛かったよね。一羽連れて帰りたかった
工場見学ってのも楽しかったよ~~。なんせ、ゴミ焼却場とか火力発電所とかゴツイとこしか経験なかったし
温泉・動物触れ合い・工場見学・・・今後はこの三本柱のツアーにするかい?

行き当たりばったりが楽だよ~~やめられん。どこに行こうか今から思案中
姉さまと楽やったから、次回は“浜名湖”にするか?という話しも・・・(爆)
ともあれ、これからも心の洗濯旅しようねぇ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計は女旅にあり(後篇その2):

« 一年の計は女旅にあり(後篇その1) | トップページ | 2015年 桜旅 »