里親募集!!

さよーなアルバム

  • 春の散歩道
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 一年の計は女旅にあり(後篇その2) | トップページ | 12歳になりました »

2015年4月26日 (日)

2015年 桜旅

今年もたくさん花見をしてやるという心がけが良くなかったのか

今まで以上に雨降らしまくった雨女です。

・・・いいのよ。今に始まったことじゃないから・・・

昨年は福島へ。今年は奥三河か淡路島へ行きたかったのですがセバスがどうしても首を
タテに振ってくれず、今年もセバスの行きたいと言っていた所へ行きました。

写真が思ったほど多くないので、読む人のことを考えず一気にUPしました。
お時間ある時にご覧下さい。

今年の桜は予想より早く開花したため、宿を1週間前倒し変更したり週間天気で傘マークを恨めしく見ながら当日を迎えました。

当日の天気はといいますと

“今にも降り出しそう。でも今なら大丈夫?”
みたいな空模様でした。

今回訪れた所は
003

“高遠城址公園”です。
007
ここの桜は“タカトオコヒガンザクラ”でソメイヨシノより小ぶりで色も薄紅色がかってます。
園内には1500本もの桜があり桜の名所としても有名です。

ゆえに平日なのに人が多いこと多いこと。
005
遠足の子供らや、犬好きの人らにいじられまくりのムスメ。“かわいぃ~”を連発されマンザラでもなさそうでした

001
002
「ここからの南アルプスの雄大な景色が見事なんだよなぁ。青空でないのが残念」と話しているヨソの方に従い視界の開けた方に目をやると・・・
004
“春霞”と桜は古より和歌に詠まれてきたのもわかるような・・・・・
などと風流なことより、“カサの世話にならんだけマシやて。ゼータク言うな
と心の中で毒づいていたのはどこのドナタか・・・

ここで朝ごはんにしようと持参した“おにぎらず”(画像ナシ)をさっさと食し再び散策し、
よさげなスポットでムスメを撮ろうとしたのですが
0061
“おにぎらず”もらえなかったのを根にもってるのか、やや機嫌が悪く・・・早々に断念。

人も増える一方なのでもう一か所回ってみることにしました。
ナビに遠回りをさせられ辿りついたのは“春日公園”です。
010
009
ここは人が少なくて静かに花見を楽しめました。

降らないだけマシと思いながらも
012
寒々しい・・・というより寒かった・・・

本来ならお昼ご飯と行きたい所ですが中途半端な時に食べてしまったので何も食べぬまま宿へ向かうことにしました。

今回お世話になった宿は“八ヶ岳わんわんパラダイス”。2度目のお泊りです。
以前泊まった時のオハナシはコチラ

ブログを振り返って自分でも驚いたけど何と“7年ぶり”の再訪だったようです。
・・・トシトルワケダヨ・・・

それでも以前のカンは鈍っておらず入り口を入って右側の管理棟を目指したら閉鎖中。暫くあたりを探しまわって反対方向にきれいな建物があり、それが新しい管理棟とレストランとなっているようです。

020
思わず“土禁”ですか?と聞きたくなるほどきれいな建物で、昨年12月中旬に完成したのだそうです。もちろん建物だけでなくレストランもワンコOK
018
温水プールあり。売店ではオヤツやグッズもあり。
高級感漂う所が苦手な田舎イヌ。自動ドアにヘッピリ腰になり早々に出たがってました

今回泊まったコテージは
015
前回泊まった所の斜め前あたりで、間取りは2LDK。リフォームされていて中々快適

小雨の中軽く散歩して、晩御飯の準備を・・・セバスがしまして
016
パスタのソースはレトルトを利用(笑)道の駅とか近所のスーパーで食材を適当に買い込み、気ままに飲みながら過ごしました。

ここの据え付けの大型ケージにマットを敷いてあげたら
Dsc_1388
Dsc_1384
ムスメさまお寛ぎあそばす
夜中、ワタシらと同じ寝室で寝てたのに寝ボケたのか余程気にいったのか、またここで寝てたりもしたようです。(セバス談。ワタシは知らない・・・)

翌朝、レストランで朝食です。
017
無難においしかったです。
Dsc_1397
静かに待てたご褒美はヨーグルトを一舐め。

行き当たりばったり旅は“家族Ver.”でも同じなので道の駅で仕入れたマップを見ながらこの日の行く場所を“探します

雨がやんでるウチに宿を出て本日の“花見会場”を目指します。
021
真原(さねはら)の桜並木です。
目的地に着くと奇跡的に青空も見えました
022
が、車の通りが多いのと屋台と人が多くてゆっくり写真も撮れないので早々に退散しました。脇道から桜並木越しに山々が望めて絵的にいい所のようです。(だから人も多い

真原の桜並木から比較的近い所にも桜の名所があるので、寄ってみることにしました。
023
実相寺の“神代桜”です。
ここも観光バスで乗り付けるほど有名な所のようです。
024
支柱がたくさんあっても頑張って咲いてます。・・・老いても咲ける桜が羨ましいと思うワタシ
025
026
ここのお寺にはしだれ桜もあるんだけど、札をよく見てみると有名どころの桜の子桜だったりするようで
027
「身延山まで行かなくてもここでありがた~~く拝見します」
と、口走るのはワタシだけではなかったようです

せっかくだからムスメよ・・・
028
桜がよくわからんがムスメのキチョーな笑顔を優先

“子桜”は身延山だけでなく
029
左から“淡墨桜(岐阜県)”“三春の滝桜(福島県)”“臥龍桜(岐阜県)”
と全国の有名な銘木を親に持つ“娘”さん達が勢ぞろいしてます。
三春は去年訪れたけど(その記事はコチラ)臥龍桜も一度見に行きたいです

行き当たりばったり桜旅はお天気が勝負。いつまでものんびりコイてられません。
次に訪れたのは
031
030
王仁塚(わにづか)の桜です。
田園地帯にある一本桜で存在感アリ。

ですが、ちょっと遅かったせいか
032
・・・そばで見ると感動がちょっと薄かったりもしました
しかも、隣には無粋な高圧電線があって写りこませないために右往左往
033
それでもワタシ達が帰る頃観光バスの一団が降りて来ました。桜の名所だけあります

時間もそろそろおしてきたので最後の訪問地は
034
眼下に桃の花の絨毯が広がる風景。
ここは前回キヨコ達と来た所です。(その時の記事はコチラ

実はここに来るまで、またもナビにだまされて狭い道を入りこみ、未舗装の道になってしまい、それでも強引に進んだらリニア新幹線工事関係のおいちゃん、おにいちゃんらにアゼン・ボーゼンとされましてね・・・
「いちおう、通れますけど狭いので気を付けてくださいね」
とご親切に誘導されながらひたすらアタマを下げるしかない夫婦と、後部座席でブッ壊れた笑顔でヘラヘラしている黒い犬・・・あぁ・・・今思い出しても恥ずかしい

そんな思いで着いた目的地は
035
今回もやっぱり桜の絨毯でした。

ちなみに桃は受粉作業を終えたばかりのようで
036
エラく風通しよさげに実りの準備も万端のようでした

今回は何気なく以前訪れた所を“おさらい”するような旅でした。
場所や花は変わらなくても気分次第で違う観点で楽しめる発見もありました。

今回の桜旅もムービーにしました。お時間ある時にどうぞ。(音出ます。2分ちょっとです)
2015年桜旅

(オマケ)
晴れた日を見つけては、嫌がるムスメを近所の公園までショッ引き撮り集めたものをムービーにしました。親バカ全開ですがよろしければご笑覧下さい(音出ます。こちらも2分ちょっとです)
2015年桜(地元編)

長々ご覧くださりありがとうございました。
尚、コメント欄は閉じています。

« 一年の計は女旅にあり(後篇その2) | トップページ | 12歳になりました »

さよ日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 桜旅:

« 一年の計は女旅にあり(後篇その2) | トップページ | 12歳になりました »